林真須美の子供4人の名前と現在は?娘(次女)が真犯人って本当?

1998年、和歌山で起きたカレー事件で逮捕された林真須美容疑者。
保険金目立ての犯行であることが判明して、当時は日本中を賑わせた事件となりました。

その強烈なキャラである林真須美は、世間に強い印象を与えましたよね。
そんな彼女の林真須美と子供4人の現在は一体どうなっているのか?

そして子供4人の名前は何なのか?!
驚愕の事実!!
娘(次女)が真犯人って本当なのか?!その真相は?

≪こちらの記事もチェック≫
林真須美の生い立ちを公開!在日韓国人って本当?両親や兄弟について

スポンサーリンク

林真須美の現在は?

2017年現在、林真須美は大阪拘置所に収監されています。
判決は死刑であるが、まだ執行されていないそうです。

「え?まだ執行されてないの?!」

なんて思う人もいそうだよね。
むしろ、今は再審請求中なんだとか…

というのも『林真須美さんを支援する会』というものが存在し、支援者は約100名ほど。
で、恐ろしいのがこの支援者たちは、

”林真須美は無罪である!!”

と主張しているのです。
だから現在、再審請求中ってこと。

当時から、
「林真須美が犯人だ!!」
だと世間では言っていましたよね~。

でもでも、その後の情報で林真須美が犯人ではないという説が浮上してるんです。

なぜ林真須美は犯人じゃない?

それは、『お金にならない保険金詐欺に興味がなかった』と林真須美の夫・林健治が語っています。

この事件で、残念ながら亡くなられた方は4人います。
ですが、亡くなったことで林真須美に入る保険金はゼロ!!

このことから、林真須美が犯行に及ぶ理由がないってことなんです。

確かに林真須美は、保険金目当てとして事件を繰り返していたものの、”亡くなった方はいない!”
手口としては、生きたまま事故として保険金を騙し取っていたわけです。

亡くなった方の保険金の受け取りが林真須美なら、事件を犯すことに納得できるけど、そんなわけないですからね(;^^)

このようなことから、”林真須美、無罪説が浮上した!!”ってことなんです。
なんとも奥が深い事件であります…

スポンサーリンク

林真須美の子供4人の名前と現在は?

林真須美には、娘が3人息子が1人いる。
残念ながら、名前まではわかならかった。

現在(2017年)、子供たちは

  • 長女・・・結婚して、二人の子供がいる。
  • 長男・・・和歌山市内の運送会社に勤務。
  • 三女・・・高校時代に法律の勉強をしているという情報があったので、法律関係の仕事をしている?

わかっているのは、三人だけです。
次女に関する情報はなし。

もちろん子供たちは母親である林真須美の無実を信じているそうで、三女が法律の勉強を始めたきっかけも、母を助けるためなのかもしれない。

林真須美の娘(次女)が真犯人って本当?

次女が犯人と噂される理由は、『カレー鍋の前にずっといたから。』

詳しく説明すると、夏祭り当日、カレー鍋担当だった林真須美を向かいでずっと見ていた女子高生。

その女子高生の証言によると、
「白いシャツを着た、髪の長い太ったおばさん」
と語っている。

だけど、事件当日、林真須美は『黒いシャツで、髪は短かった』と証言している。

実は、女子高生が見た人物は林真須美ではなく、次女だったのではないかと言われている。
次女は林真須美と同じく、太っており、顔もよく似ていたそうだ。

このことから、次女が真犯人ではないかと噂されている。

犯行動機は何?

じゃあ、次女が犯人だとしたら犯行動機は何?

あくまで推測だけど、『勘違いして、ヒ素を入れてしまったのではないかと』

というのも

  • 林真須美は、普段から夫にヒ素を飲ませて保険金を騙し取っていたので、それを見ていた次女はヒ素を調味料だと思い、混入させてしまったのではないか?
  • 林真須美が住んでいた地域(和歌山県園部)は、住民がヒ素を頻繁に使用(ネズミやシロアリ駆除の為)していたことから、事件当日も現場にあったのではないか?

このようなことが考えられる。
だから、偶然起きてしまった事件なのかもしれない…

さらには、そのことを知った林真須美が次女をかばったのではないか?とも。

しかし一方で、次女は当時中学生で、なんでも学校でいじめにあっていたそうだ。
で、祭りに来ていたいじめっ子をいたずら半分で、仕返ししようとしたら最悪なことに…
ということだってありえる。

とにかく、このカレー事件は奥が深すぎます。
真相は、一体が誰が知っているのでしょうか。

ってなことで【林真須美の子供4人の名前と現在は?娘(次女)が真犯人って本当?】の記事でした!ではでは。

≪こちらの記事もチェック≫
林真須美の生い立ちを公開!在日韓国人って本当?両親や兄弟について

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も見てるよ♪

シェアして頂けるとテンション上がります♪

フォローする