下村早苗の元夫は羽根直樹?父親は高校教師で現在マンションはある?

2010年に幼児2人がベランダに放置されて衰弱しきった状態で見つかった事件。
逮捕された母親である下村早苗の元夫は羽根直樹という名前か?

そして父親はとある高校の教師だということがわかりました。その高校とは?また事件が起きたマンションは現在どうなっているのか?

スポンサーリンク

下村早苗の元夫は羽根直樹?

下村早苗の元夫は、羽根直樹と言われています。
またネット上では、”羽木直樹”との情報もありますがどちらが本当かは不明であります。

下村早苗は、当時大学生だった羽根直樹(羽木直樹)と2006年に結婚しました。
翌年の2007年には長女・桜子、2008年には楓を出産します。

元夫である羽根直樹(羽木直樹)は、「株式会社デンソー」に契約社員として勤務しており、その後社員登用試験を受けて正社員となったそうな。

ですが2009年に下村早苗が中学校の同級生と浮気をし、さらに借金も作って離婚に至りました。一部では羽根直樹(羽木直樹)が先に浮気をしたという報道もあり、どちらが先なのかはわかりません。

結婚からわずか3年というスピード離婚となりました。
離婚の原因は、羽根直樹(羽木直樹)ではなく下村早苗にあったということか?
この後に言いますが、下村早苗の育ってきた環境が離婚・事件へと発展していくのではないかと思います。

父親は高校教師

下村早苗の父親は下村大介という高校教師です。(現在はどうなのか不明ですが。)
高校教師といっても、花園常連校である三重県四日市農芸高校のラグビー部の監督だったそうです。

父親自身はラグビー経験がなかったそうですが、熱血指導の甲斐あってか全国屈指の名門に育て上げました。教育にも熱心で、公演も多く開いており周囲からは一目置かれる存在だったとか。

スポンサーリンク

ですがこんな一面も…

下村大介は2度離婚していて、3度の結婚をしております。
驚きなのが結婚相手全員が教え子だということ。

一人目の妻に、下村早苗の他2人の娘を授かり三人姉妹の父親に。離婚の原因は夫のDV。
二人目の妻に子供はできませんでした。
そして三人目の妻は、下村早苗より年下だったそうです。

父親の下村大介は、家にお金を入れるものの家庭のことはほったらかしで、家事など一切しなかったそうです。いつもラグビー三昧で、教え子の若い子といつも一緒にいたんだとか…

「DV・離婚と結婚の繰り返し・家庭放棄」
そういった環境の中で育った下村早苗は中学に入学後、素行が悪くなり不良となっていきました。高校卒業後には、手に負えなくなった下村早苗を父親は、東京の知人へと預けたそうです。

決して家庭環境が良くなかった下村早苗。そういったバックグラウンドがあったからこそ、この事件が起こってしまったのか。

現在のマンションはどうなってる?

事件のあったマンションは大阪市西区南堀江1丁目のマンションであるが、マンション名まではわからなかった。

今現在このマンションはどうなっているのか不明です。
そのマンションがあるのかないのか、住人がいるのかいないのか、全くわかりません。

ですが事件直後、入居者があっという間に退去しマンションはすぐに空になってしまったそうです。マンションの所有者はかなりの額の損失を受けたでしょう。

まとめ

  • 下村早苗の元夫は、羽根直樹もしくは羽木直樹
  • 父親は、四日市農芸高校のラグビー部監督の下村大介
  • 現在のマンションはどうなっているか不明

【こちらの記事もチェック】
https://indoorzoku.com/nakamura-hayato-1077

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も見てるよ♪

シェアして頂けるとテンション上がります♪

出来ればフォローもよろしくですw